2010年06月15日

<口蹄疫>拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)の感染拡大が続く宮崎県も12日、梅雨入りと発表された。雨は防疫作業の能率を著しく低下させる。今なおワクチン接種した家畜を含め約10万頭(11日現在)の殺処分、埋却処理を残す県にとってはまさに試練の時となる。一方、梅雨時の気象条件がウイルスにどう働くか、専門家の中でも見方が分かれている。【石田宗久、松田栄二郎、川上珠実】

 「雨が降れば防護服の上から雨がっぱを着るため、蒸し暑さが増すうえに動きづらくなる。雨で作業員が足を滑らせるなど危険性もある」。梅雨時の作業の困難さを県農政企画課の担当者は訴える。

 同課によると、殺処分した家畜を埋却する穴に雨水がたまらないよう土砂降りの際は掘削作業を中断したり、水がたまれば埋却前にポンプで排水することにしている。ウイルスが水とともに外部に流れ出すのを防ぐためだ。

 また、埋却地の多くが農地のため雨が降れば地面がぬかるみやすく、ショベルカーなど重機の使用にも影響が出るという。

 一方、梅雨入りでウイルスはどうなるか。山内一也・東大名誉教授(ウイルス学)は「ウイルスは動物の体内でしか生きられず、環境変化に弱い。梅雨で酸性の雨が降れば死滅するはず」との見方。さらに「欧州の事例から言えば、湿度が70%程度と高く涼しい状態が危ない。夏に向かい温度が上がる環境ではウイルスは死にやすくなる」と予想する。

 これに対して、白井淳資・東京農工大教授(獣医伝染病学)は「梅雨入りで紫外線は弱くなる。消毒剤も雨で流されてしまう。水たまりやぬかるみでウイルスが車のタイヤについて拡散する恐れがある」と警告する。

 また、後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は「湿度が上がることでウイルスがほこりとして空気中に舞い上がることはなくなり、風に乗って運ばれる可能性が低くなるが、現時点では感染経路が解明されておらず、楽観はできない」と指摘している。

【関連ニュース】
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請

男女差「違憲」で控訴断念=顔やけど跡の障害認定―厚労省(時事通信)
菅首相会見詳報(2)「沖縄の負担軽減も真摯に取り組む」(産経新聞)
千葉・松戸市長選、民主推薦の新人が初当選(読売新聞)
鳩山前首相、万博「ジャパンデー」式典に出席(産経新聞)
「小沢隠し内閣だ」野党、批判強める(読売新聞)
posted by オダ タカオ at 20:53| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

子ども手当 満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)

 民主党の目玉施策だった子ども手当は、11年度からの満額支給2万6000円が実現しない見通しとなった。8日の会見で長妻昭厚生労働相が、これまでの姿勢を転換し、満額支給を事実上断念する考えを明らかにした。菅内閣が財政再建を重視し、政権公約修正へかじを切った象徴ともみられる。

 ■母親たち

 子育て中の親からは「こうなると思っていた」などの冷めた反応や、「国民への裏切り」との手厳しい評価が聞かれた。

 4児を育児中の東京都文京区の主婦(34)は「ウキウキしながら待っていたが、当初から無理があるのではと思っていた」と話しつつ、「財源の裏付けを取り、きっちり実行できる確信を得てから公約してほしかった」とチクリ。同区在住の地方公務員男性(31)は「マニフェストに掲げたことを実行しないのは、国民への裏切り。支給額を組み込んだ生活設計を考えていたので、いまさら減額されては困る」と怒りを込めて話した。

 横浜市中区の主婦(37)は「本音では満額支給された方がいいが仕方ない面もある。保育所の増設などにお金を回してほしい」と話した。【山田奈緒、宗岡敬介】

 ■厚労省

 子ども手当を所管する厚生労働省では、「世間の感覚に沿っている」との受け止めが多い。

 ある幹部は「大臣は最近まで、『簡単に衆院選で掲げた旗(マニフェスト)を降ろせるか』という姿勢で来た。内閣発足の日、あえて非常に難しいと言ったのは、現実路線重視の菅政権全体のメッセージではないか」と分析する。

 担当局の幹部は「今年度の支給は月額1万3000円で、マニフェスト変更により実務的に支障が出るわけではない。自治体には、給食費の滞納分と相殺したいといった要望も多い。今後の制度設計のイメージはまだわかないが、判断変更の背景には自治体の声も反映している」と話している。【野倉恵】

【関連ニュース】
子ども手当:施設入所児童向け 貯蓄認めず
子ども手当:自治体、準備に大わらわ…申請書を作り直し
子ども手当:支給始まる…富山・朝日町は現金で
子ども手当:6月1日に支給開始 まず1道2県の7町村で
雑記帳:トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園

いじめで転校 元同級生に賠償命令 京都地裁(産経新聞)
4日に民主代表選 菅副総理が出馬表明(産経新聞)
<貧困ビジネス>受給敷金を吸い上げ、生活保護費を食い物に 詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
「生活の安全は都政の基本」 石原知事、消費者行政強化を強調(産経新聞)
感染判定は「今週がめど」=優良種牛5頭の口蹄疫検査―赤松農水相(時事通信)
posted by オダ タカオ at 23:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

所持した改造拳銃11丁に殺傷能力  福岡県警警部補を追送検 警視庁(産経新聞)

 改造拳銃1丁を所持したとして、福岡県警捜査1課警部補、岡田好典被告(46)=福岡県宗像市=が逮捕、起訴された銃刀法違反事件で、新たに改造拳銃11丁を所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は3日、銃刀法違反(拳銃所持)容疑で、岡田容疑者を追送検した。

 送検容疑は4月15日、福岡県宗像市の自宅で、殺傷能力がある改造拳銃11丁を所持した疑い。

 同課によると、岡田容疑者宅にあったモデルガン12丁を同庁科学捜査研究所で鑑定したところ、うち11丁に殺傷能力があることが確認された。11丁のうち6丁は岡田容疑者が自宅で改造したという。

 実弾は見つかっておらず、岡田容疑者は「少しでも本物の銃に近い形にし、ブログに載せてマニア同士で見て楽しみたかった。あくまでも趣味で持っていた」と話しているという。

【関連記事】
改造拳銃「雑誌の読者欄通じて買った」 逮捕の福岡県警警部補、警視庁が送検
ブログで自慢… 改造拳銃所持で福岡県警警部補を逮捕
あのタレントも暴力団と関係?温泉街、衝撃の利権事情 
売り手のはずが…女たちが出会い系サイトに騙されるワケ
他人の赤ちゃん骨折させ不敵な笑み…女の素性は
「はやぶさ」帰還へ

福島で震度3(時事通信)
都内最大級の売春クラブ経営者ら逮捕 2年間で10億円以上売り上げか 警視庁(産経新聞)
阿久根市長の専決に対抗「通年議会」提案へ(読売新聞)
<鳩山首相退陣>表明から一夜、気分は「今日の天気のよう」(毎日新聞)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
posted by オダ タカオ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。